*

判断は本当に妥当か?

ただですね、拉致の実行部隊というのは先代のキム・ジョンイル総書記のある種直属的な機関だったとも言われていて、
キム・ジョンウン第一書記からすればですね、父親の奥の院的な存在に果たしてそこまで調査の手が及ぶのかどうかというのはどうしても考えてしまうんですが。

平岩教授「ご指摘の通りですね。
ですからそれはもう、今後、今回の合意というのはようやく北朝鮮側が言い訳をしないような体制を作ったということでしょうから、
これからですね、北朝鮮側がどういうような調査の内容を発表するのか、あるいは日本側に報告してくるのか、こういうことを精査をしながらですね、
一歩一歩慎重に進めていく必要があるんだと思います。まさにこれからってことなので」

その一歩一歩、あるいは半歩半歩ということですね。
そして日本側はですね、経済措置の一部解除の方針を決めましたね。

この判断は妥当といえるんでしょうか。

"
平岩教授「そうですね、もちろんいろんな評価があると思うんですけど、日本と北朝鮮の今回のこの合意というのは、"
お互い相手に対する不信感というものを前提にして合意に達したということですから、どうしても行動対行動にならざるを得ないわけでありますね」幡ヶ谷の整体



コメントする