*

教育

毎日schedule2

医学部に合格する高卒生のための毎日のスケジュール

 

医学部受験では、毎日のスケジュールをきちんとこなすことが大切になります。合格を勝ち取る人のほとんどは、規則正しい生活を送っています。

では、どんなスケジュールが望ましいのでしょうか。高卒生のモデルケースをご紹介します。

 

朝は6時には起きて、早朝の1時間を朝の学習に当てます。前日の復習をして知識の定着度を確認しましょう。

朝食はしっかりと摂り、脳に栄養を与えてください。軽い運動で脳と体を活性化させるのも効果的です。

 

集中できるからと夜中から明け方まで勉強する人がいますが、こんな状態では予備校の授業でも、自習でも眠くなってしまい、かえって時間を無駄にしてしまうことになります。

効率的な勉強には、規則正しい生活が欠かせません。

 

勉強時間は午前中に4時間(早朝の勉強時間を含む)、午後に5時間、夜に3時間が目標です。

勉強中に眠気を感じた時は無理をせず、15分ほどの仮眠を取ると、脳がリフレッシュされ、その後の勉強がはかどります。これ以上の仮眠は、生活リズムを崩す原因となりますので、避けてください。

 

夜は11時から12時には就寝し、体と脳の疲れを回復させましょう。集中して受験勉強をするには、6〜7時間の睡眠時間が必要です。

脳は睡眠中に記憶を定着させますから、適切な睡眠時間が不可欠です。

 逆算して医学部に合格する


最近の記事